新着情報

Pocket

リアルには敵わない

コロナの影響で時代の流れが変わり、このところは、リモートでのセミナーや
打ち合わせ増えてます。っが、リアルには敵わないと感じたのが、先日開催した
自社内での新人ドライバー研修。10名の参加者全員が、手前味噌でありますが、
みんな素晴らしい社員で、約5時間を終始真面目な受講姿勢で取り組んでくれました。

全員合格目指して

運行管理者試験に向けオンライン研修受講中。 我が社からも3名が参加。 真剣な面持ちで取り組んでくれています。  

空気清浄機9台新規導入!

コロナコロナといまだに余波が続いています。 当社ではその対策の一環として新たに空気清浄機を導入。 従業員にも顧客にも安心できる職場を目指していきます。

頼むよ、相棒!

本日納車式。実際にこの新車を担当するドライバーさんも参加。 何度やっても身が引き締まります。

3密を避けて、、、

新型コロナに関連して倉庫内で社内研修を実施。 ソーシャルディスタンス・喚起抜群。 なかなかいいでしょ。なんかいい。

こどもミュージアムトラック2号車納車!

待ちに待ったこどもミュージアム号第2号車が納車されました。 こども達の絵でラッピングした「こどもミュージアムトラック」が 日本中にあふれたら・・・乗る人も、見る人も、 みんなちょっと心が、やわらかくなる。。。 これが安全運行に繋がれば、そして事故がなくなれば、、、の願いをのせて。

総会withマスク

さて今年の社員総会は規模を縮小し、全社員ではなく 幹部と管理職のみで集まり「リーダー総会」という形に変え 全員マスク着用で粛々と行ないました。 年に1回、本来は唯一全社員が一同に会し、 今年度1年の振り返り~新年度1年間の方針発表、 辞令交付や優良社員表彰等、時間をかけ、皆でじっくり 行なう私が最も重要視している社内行事でありますが、 今年は、致し方なし。一般従業員の皆さんには、後日、 各事業所毎に小グループに分け少人数でのプチ総会を順 次行なって参ります。  

パートさんと新年会!

岡崎物流センター倉庫チームの新年会を開催。 各物流センター、各部署、によって時間がまちまちの為、 社内では毎年だいたい4つか5つのチームに分けて新年会を開催。 岡崎物流センター倉庫チームの主たる戦力は女性のパートスタッフで、 自宅に戻れば子育てや家事でも忙しくしている主婦の方が殆どです。 そんな主婦業の合間を縫ってパートに出て家計を支えている皆さんは ホントに立派です。ありがとう!!!

応対辞令

親愛ある皆様 新年おめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。
年は明けましたが、我が社の決算は3月末である為 今年度は残り2か月半、来年度に向けての人事、組織 も決めていかなければなりません。経営者の大事な 仕事であります。 先日もご紹介した書「現代の帝王学」の中に、 乱世を生き抜くための「人を見る明」が書かれています。 これはその人物を見極める時のポイントとか、リーダー の条件、ファクターと言い換えてもよいと思いますし、 会社の人事にも役立つポイントであります。 その中の一つに「応対辞令」があります。 「応対」というのは、身辺に起こったいろいろな問題に 応じて、きびきびと処理していくことであり、「辞令」 とは、自分の考えを表現していくことである。 (以上、本文より) 話しは変わり、 一昨日の日曜日は我が社恒例のリーダー新年参拝の日。 月例の社内リーダー研修を早めに切り上げ、熱田神宮 へ参拝~その後は決起会と続き、リーダー全員で抱負 を発表し、今年一年の安全と成長、発展を祈願致しま した。 毎年行う行事で参拝の後境内で集合写真を撮りますが、 年々リーダー職の人数が増えていることに有り難さと 共に責任の重さを感じます。そして、過去からの写真 と並べて観て、この人達が各所のリーダーとして過去 も現在も現場を切り盛りし、会社を支えてくれている 我が社の要の人達なんだと、改めて写真で皆の顔を一 人ひとり眺めていると感謝の念が沸々と湧き上がって きます。 そんなメンバーを中心に来年度の組織を考えていると、 先に記した「応対辞令」のレベルが、やはり非常に 重要だということを感じます。 一人ひとりはみな寡黙で真面目に仕事をする人であり ますが、その人達を理想的な組織として創り上げより 質の高い運営をしていくか否かは、やはりそこのリー ダーで決まります。目の前で起きた問題課題に対して 如何に的確に迅速に対応していくかであり、自分の考 えを誰に対しても的確にキチッと伝えていくことが出 来る人、リーダーにとって大事ファクターであります。 新年参拝をしたメンバー達と共に良い組織を創って 参ります。 今日も一日良い日に致します。 物流応援され団長@山田泰壮 拝

こどもミュージアム号第1号、本日納車!

待望のこどもミュージアム号第1号、本日納車!お子さんが書いた絵をトラックにデザインしたもの。ドライバーさん自身もそうですが、このトラックを見た他の方もやさしい気持ちになり安全運行にひと役担うことができればと。